オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

がんの原因と治療方法

臓器

膵臓がんは早期発見が困難で、極めて悪性が高く、消化器がんのなかではもっとも予後不良のがんといわれています。
その発症原因は明らかにされてはいませんが過剰な喫煙や、糖尿病、肥満とも関連性が高いとの報告がされています。
その治療には外科的切除、放射能治療や抗がん剤などの化学療法が実施されています。
おおよその治療費は月30万円前後とされています。
胃がんは日本では肺がんに次いで死亡率の高い病気です。
その発症原因は、環境因子の影響がすこぶる強いと考えられています。
自覚症状も乏しいので早期発見が難しく、進行が進むと体重の減少や消化管の下血や吐血が見られます。
その治療には、近年ではESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)が広く用いられるようになっています。
肺がんの原因は、タバコや有毒ガス、鉱粉との関係性が重要視されています。
その症状は咳や痰、血痰、胸の痛みなどがあります。
胸部x線写真、気管支鏡等により診断し、治療には主に肺の切除や放射線治療が用いられます。
各種がんの治療費用は個人差があり、症状の度合いや保険との兼ね合いもありますが、1日当たり1万円と言うのが一般的です。

膵臓がんは早期発見が難しい

模型

 膵臓がんは文字どおり膵臓のがんで、がん罹患数は4~5%くらいなのですが死亡者数は10%程度と全体の5位に入るがんです。
肺がんや胃がんなどと比べて早期発見が難しいうえ、進行も早く、治療も難しいことからがんの王様という呼び方もされているようです。
 膵臓がんの早期が発見が難しいのは、肺がんや胃がんのような自覚症状ががんが相当進行した段階にならないとみられないこと、それから、肺がんや胃がんのような胸部エックス線撮影や胃検診のように、一般的に確立された検診方法がないということがあげられるようです。
 また、膵臓がんの治療の難しさとしては、これも肺がんや胃がんのように簡単に切除できないという問題もありますし、早期発見が難しく非常に転移もしやすいので、肺がんや胃がんと違って、発見されたときは、完治が見込まれる切除ができる時期を逸している場合が多いという事情もあるようです。
 したがって、膵臓がんの死亡率を引き下げるためには、早期発見できる可能性を高めることが必要なのですが、現在行われている超音波検査や腫瘍マーカー検査では限界があり、現在では膵管の拡張や小嚢胞のあるようなハイリスクのグループを集中的にモニタリングして成果をあげている段階のようです。
 肺がんや胃がんのような切除による治療が実施できない膵臓がんの場合、治療は抗がん剤や放射線療法になりますが、治療成績は今後に期待する段階ですので、膵炎を罹患していたり、膵管の拡張や小嚢胞のあるいわゆるハイリスクのかたは、膵臓がんの専門家のいる施設で受診しておいたほうがいいようです。

がん検査の種類と目的

切開

がん検査には肺がん検査、大腸がん検査、胃がん検査、子宮がん検査、膵臓がん検査などがあります。
がんは早期発見が最も望ましいので、それを念頭に置いたもっとも有効な検査が組み込まれ、そして発展しています。
喀痰検査は主に肺がん、咽頭がん、喉頭がんの有無を調べるためのものです。
痰を採取し顕微鏡で細胞レベルの検査を行うのが一般的です。
マンモグラフィーはX線を用いた検査で、触診では見逃されがちな小さな乳がん発見に役立ちます。
PETは一度の検査で全身を調べる事が出来、ミリ単位の小さながんやその転移も発見する事が可能です。
しかし胃がんや膵臓がん、尿道がん、前立腺がんなどの診断率はあまり高くないと言われています。
腫瘍マーカーはがん細胞を生み出す物質のことで、それらを検査することでがんの早期発見につながります。
特定の臓器がんの発見に効果があります。
肝炎ウィルスキャリア検査は肝がんの発生率を低下させるとして医学界で推奨されています。